株式会社スタジオカーサはオリジナルのリフォーム住戸を分譲するスモールカンパニーです。

IMG_0058.JPGIMG_0058.JPG

気持ちよい暮らしができると思える環境、建物を選ぶこと。

スタジオカーサが手掛ける建物の選定基準は、気持ちのよい暮らしの素材になるかどうか。具体的には、緑豊かで閑静な環境、安全な建物、適切な管理状態など。一般的な不動産の評価と、気持ちよい暮らしは必ずしも一致しないという考え方です。
 このようにして選んだ建物を、「ここ気持ちいいね!」と思っていただけるように丁寧に手を入れていきます。

P1030162.JPGP1030162.JPG

暮らしが嬉しくなるデザインであること。

中古マンションですから、二つと同じ条件の住戸はありません。また、スタジオカーサのリフォーム住戸にも同じものがないのです。窓の位置、風の流れ、建物構造、規約の制限から、更には設計者の想い(込み)も込めて一つひとつ計画を進めていきます。その結果として、間取りはもちろんのこと使用する素材から色味まで様々な住戸が生まれてきます。
 限られた予算の中ですから、何もかもとはいきませんが、気持ちの良い暮らしのために何かプラスすることできないか。これは常に考えていることです。

P1010068.JPGP1010068.JPG

古さを味わいと考えること。

スタジオカーサのリフォーム住戸は昭和生まれの建物が多数を占めます。優れた環境、求めやすい手頃な価格がその理由ですが、敷地内の大きく育った樹木、大切に修繕されて増した建物の味わいは唯一無二のものです。この古さを消してしまう改修ではなく、むしろ味わいとして積極的に肯定したい。安全で清潔であることを旨としながら、使えるものは手を入れて再利用することも心掛けています。職人の手仕事によって、生まれ変わる内装材や設備たちは、優しく柔らかです。全てを新建材で再生する方が却って簡単な場合もありますが、人の手触りが残るものが相応しい気がします。
 経済的な無理をせずに手にすることができる、気持ちの良い暮らし。それが実現できる住まいを送りだしたいと考えています。